水道水漏れの原因とは【火災保険の適用範囲になる可能性】

メニュー

原因は老朽化や凍結

水道

保険の確認を忘れずに

水道水漏れの原因として挙げられるのが、水道配管の老朽化や、無理な物を流したことによる排水つまりといわれています。それ以外にも水道水漏れの原因として、寒さの余り水道管が凍結してしまった事による破損で、水漏れになる事は珍しくありません。なぜ寒さによって水漏れを起こすのか、その理由として挙げられるのは、水の質量と氷の質量の違いでしょう。水よりも氷のほうが多少体積が大きく凍ってしまうことによって、水道管を膨張させてしまう可能性が高いといいます。膨張した水道管はひびが入り、水に戻った時に水道水漏れを発生しやすくなる為、凍った時には注意が必要といえるでしょう。基本的に自己負担となりがちな状況ですが、凍結による水漏れの場合、火災保険の適用範囲となる可能性もある為、保険証書を確認してください。また、集合住宅で水道管凍結による水道水漏れが発生した場合、大家や不動産業者にすぐに連絡することで、保険対応の話をしてもらえるでしょう。部屋ごとに火災保険に強制的に加入させられるのが入居時の条件というところは多い為、保険が対応する可能性が高いです。一戸建てでも保険適用される可能性が高いので、事前の確認は重要なポイントであるため、必ず参考にしてください。水漏れが発生した場合、自然に治ることはあり得ない為、自分で応急処置を行うか、すぐに修理業者に対応してもらいましょう。応急処置は慣れている人であればスムーズにできますが、素人の場合にはあまり手を出さず、業者に連絡したほうがいいといわれています。

Copyright© 2018 水道水漏れの原因とは【火災保険の適用範囲になる可能性】 All Rights Reserved.